【Bastard Box】

ロックンロール!!!

2004年12月21日の午後4時過ぎの阪急京都線梅田行きの快速急行の車内にて

 うーん、大学帰りの電車の中でスゴイ人を見ました。大宮から快速急行に乗ると既にその男は独特の空気を放っていた。

俺が座ってる座席の向かいに一人で2人分位のスペースを占領し、大盛りのおこわを食ってる内田裕也似の初老の男性なんですが・・・。
周りの乗客みんな気にしてる様子で、まぁ何でかと言うとその人の服装がねぇ
古谷一行の金田一耕助が被ってたタイプの帽子、当然のようにパンタロン(当たり前のように裾だけは柄の入った生地)、レザーかどうか怪しいジャケット・・・
京都市左京区の現役ヒッピー系ファッションやね

んで、裕也さん似はおこわを平らげた後、おもむろに立ち上がり背中のずた袋から透明色のドラムスティックを取り出し右手に握り締めたんだ。
そして彼は右足でリズムを取り出した。

その時“シャンシャンシャン”と鈴の音が・・・
車内の誰もが裕也さん似を見た。
裕也さん似が取るリズムに合わせて“シャンシャンシャン”と鳴り響く鈴の音
「ずた袋の中に多量の鈴が入っているのか?それともパンタロンの裾に鈴が縫い付けてあるのか??」

彼は、長岡天神で降りた・・・。

俺は、謎が解けぬまま終着駅の梅田で降りた
梅田の某所で某・俺の師匠から素敵なプレゼントを受け取るためだ。
師匠に裕也さん似の話をしたところ、謎は全て解けた
「鈴の音?そりゃサンタクロースやろ!よかったなぁサンタさんに会えて♪」
c0017313_2234675.jpg

謎は解けたから良かったものの、裕也さん似は何でドラムスティック取り出したんだ??足でリズム取るだけならスティック出す意味無くなくない??
ちなみにワタクシ透明色のスティックを初めて見ました

[PR]
by bastardbox | 2004-12-22 02:23 | 多分、駄文雑文