【Bastard Box】

2005/03/27 “It's COLD OUT SIDE VOL.15” @難波BEARS

 ツレと難波駅前に待ち合わせしたものの、ツレが京都でGパン買ったら丈詰めに時間が掛かるとの事で先に一人でベアーズへ。
入ったらもう、どろろが始まっていた。
どろろ観るの結構久し振り。ベースの人がいつ見てもカッコええ。
新曲もいくつかやっていた。ミドルテンポのヘヴィなパンクでカッコ良かった。
ヴォーカル/ギターの森山さんはVERMILION SANDSではドラムを叩いている。
VERMILION SANDSの竹谷さんも来てはった。

どろろ終わった後、ツレから電話。ベアーズの場所分からんから迎えに来てとの事。
難波駅に向かう途中でチャリに乗った女傑Nちゃん(ココ参照)と遭遇。マーダー観に来たとの事。事情を話すとチャリを貸してくれた。
ポツポツと雨が降り出したので急いで難波駅へ。
ツレを後ろに乗せてベアーズへ戻るとHOWLING GUITARのライブが始まってた。3人組のインストガレージバンド。「Crazy Blues Pluggers!」というライブ音源入ったオムニバスを持ってたが以前売り飛ばした。(ココ参照
ギターえらい巧い・・・。マイクスタンドやら落ちてた空き缶やらを弦に擦り付けたり、物凄い体勢でギターを弾く姿がカッコ良かった。
「酔いすぎちゃってFUCKできねえ。正に“TOO DRUNK TO FUCK”」と言ってDEAD KENNEDYSの「TOO DRUNK TO FUCK」をインストカヴァー!
これは燃えた。
あと、DEAD BOYSの「WHAT LOVE IS」もカヴァーしてた。(こちらは歌あり)

3番手にMITT'S SLAPSTICK TRIANGLE
名前も初めて聞いたんですが、元ランブルフィッシュのメンバーがやってるバンドとの事でかなりベテランみたい。
ブランキーっぽいかなーと思いました。J-ROCKな感じ。

トリは主催のMUDER STYLE。
この日のセットリストは以下の通り。
2005.3.27 @ Namba BEARS ''IT'S COLD OUTSIDE vol.15'' Set List
1.Tokyo Rose
2.Rock 'n' Roll Gypsy
3.現実
4.Cheyenne~The Place I Stand
5.Himn(アカペラ)
6.Vamp
7.We Go To Heaven
8.Second Coming (新曲)
9.Be My Baby
10.Free Will
11.It's a Living~Be Bop A Lula ~ I Feel Alright

Encore
12.House Of Ecstasy

NEWベーシストとして元LIPSTICK KILLERSのGENさんが加入して二度目のライブ。
GENさんが名古屋在住なのでスタジオ練習は一回しかしてないらしいのですが完璧にバッチリマーダーにハマってました。
ええライブやった。
「We Go To Heaven」をまた聴けて良かった。
凄くいい曲。早く音源で聴いてみたい。
カズナリさんは動きまくりでステージにいるより客席で弾いてる時間の方が長いんじゃないかという感じでしたが、シールドが抜けたり接触が悪いのか音が出なかったりトラブル続きでした。
それにしてもようあんだけ動き回りながらちゃんと演奏出来るなーといつ見ても感心します。
「今年はまた大阪攻めるでー」との事なので凄く楽しみ。
帰りにGENさん加入後の初ライブを収めたビデオを購入。カズナリさんの生誕37周年記念ライブとの事。
c0017313_3491889.jpg

[PR]
by bastardbox | 2005-03-27 23:57 | ライブレポート