【Bastard Box】

<   2005年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

待っていたぜ!俺達の!ラウドネス

 以下3枚のレコード、DISC J.J.梅田店にて購入。

●foul 「Dostoevsky Groove」 (100円)

●Rush 「a farewell to kings」 (100円)

●LOUDNESS 「THUNDER IN THE EAST」 (100円)

安っ!!
ほじくれば常に何かしら出てくるな~

しかし、全種類のロゴマークステッカーが付録で付いてるから買ったラウドネスの米国進出盤なんですが・・・
ステッカー一枚使われてる・・・(涙)
帯のコメントがカッコ良すぎて痺れちまったぜ!

待っていたぜ俺達のラウドネス
史上初、日・米・欧 制覇へ向けて、今、打ち立てられた不滅の金字塔。
―これこそが俺達の誇りなんだ

c0017313_1720497.jpg

[PR]
by bastardbox | 2005-02-25 23:59 | アナログの逆襲!

VOLUME DEALERS / UNDESIGNED

c0017313_2315443.jpg

限りない創造性に満ち溢れた拡がり続ける宇宙のような音空間に痺れます。
間違いなく今年の上半期ベストアルバム!

 
 つっ遂に本日アルバムが発売されたので買って参りました。
今月の頭によく行くレコ屋さんに顔を出したら何かとんでもなくカッコ良い音楽流れてるなーと思い、「もしかしてコレがヴォリュームディーラーズの新譜かな?」とVOLUME DEALERS聴いた事がないのにそんな気がした。
店員さんに聞いてみると予感的中!
すぐに予約したのであった。
そしてレコ屋に行く度、ちょこちょこサンプル盤を流してもらって発売日を待ち続けた。

それ以来VOLUME DEALERSの旧譜をずっと探していたが見付からず、昨日何となく中古LPほじくりに毎度お馴染みのDISC J.J.天神橋店に行くと、100円シングルコーナーにてVOLUME DEALERSの1stシングル「ERROR MAN E.P.」を見付けた!
何という幸運であろうか。
他にも
●Idol Punch 「Hello Fuck Sorry」 (100円)
●SWITCH STYLE 「S/T 7inch」 (100円)
●ODDBALL 「SELL OUT EP」 (100円)
をGET!
誰かSWITCH STYLEの1stシングル高く買い取ってくれねーかなー
こういうのは「アナログの逆襲!」でやるべきだよな(苦笑)

ホクホク顔で店を出るとVOLUME DEALERSの「UNDESIGNED」入荷しましたとの電話が!
うーん凄いタイミング・・・。

で、今日買って来ました。

ものすんごくカッコええ~~!!

いや、本当に表現の仕様がないっすわ。
物凄いカッコええ。うん、それ以外言いようがない!
今は無き大阪のU.(有)、最近のバンドだとPENUMBRAなどが雰囲気ちょっと近いのかなー。
浮遊感というか音が漂うように自然に耳に入ってくる感じです。
京都のdrillman好きな人も気に入る音だと思います。まぁスタイルは全然違うんですが。

リリース元のmarrow bitsのHPにてVOLUME DEALERSの「UNDESIGNED」から3曲目「HAMBURG RESTAURANT」を試聴できます。(Let's クリック!)
この曲聴くと何故か、芸能山城組が手掛けた大友 克洋の「AKIRA」サントラが脳裏に浮かぶ。
あの「金田~テツオ~」ってトコね。
「ラッセッラッ!ラッセッラッ!ラッセラッセラッセラッ!」のトコじゃなくてねw
オープニング曲「MYSTIC MASTER OF MIND CONTROL」は何故かアルバムラストに入っていてもおかしくない感じがする。映画(ロードムーヴィーかな?)のエンディングぽい感じだ。
エンドロールが流れてきそうだ。
この曲本当に文句なしにカッコいい!!

とにかく大推薦盤ですわ~♪
これは当分ヘヴィーローテーションです。
早く大阪でライブして欲しいです。
[PR]
by bastardbox | 2005-02-25 23:09 | 誠に勝手ながら推薦盤!!!

2005/02/13 DWARVESS OVER JAPAN (DWARVES JAPAN TOUR2005)@心斎橋SUN HALL

出演バンド:赤犬/JUBILEE/ガソリン/DWARVES

 いやー今更ライブレポ。
結局、「COME CLEAN」と「DWARVES MUST DIE」の最近の2作品は聴いてないんですが参戦!

起きたら既に夕方5時。次の日から入社前研修とやらで東京行くので軽くメシ食った後に壊れた携帯を新規で買い換えようと携帯屋に向かう。
認め印持って行かなアカンのに間違えてシャチハタ持って行ってしまったせいで契約途中で100均へ印鑑買いに行く事に。
印鑑屋は日曜休みだったので携帯屋から歩いて2分の100均SHOPへ。
吉田のハンコが在庫切れ・・・。
仕方がないので徒歩5分の100均へ。
吉田のハンコが在庫切れ・・・。

吉田多すぎやろ!

仕方がないので歩いて10分の100均へ。

吉田のハンコが在庫切れ・・・(怒)。

結局、家に取りに戻りましたよ。
何だかんだで携帯屋から出たのが6時50分。
SUN HALL着いたらもう赤犬のライブ終盤(涙)
悲しすぎる・・・。
c0017313_20492995.jpgいやーしかし赤犬はやっぱり凄い!
完全にフロアは温まってました。
サンホールのステージ前バリケード代わりのドラム缶をキャパ中央に引っ張ってきて、その上でパフォーマンス担当の方が三点倒立してましたw
ヴォーカルのアキラさんもカッコ良かった~。
メンバーの数人がDWARVESのキャミソールを着てパツンパツンになっておりましたw


会場でVIBRATIONSの小林君と久々に会い、MDCの新譜がカッコいいって話とかG.G.ALLINのバックバンドやってた人達の新しい音源がカッコいいとか色々話を聞く。
某バンドでヘルプでベース弾いてる女傑Nちゃんとも久々に再会。

そんなこんなしてる内にJUBILEEというバンドのライブが始まる。
大阪のDAMAGEやPrimal Screamの「XTRMNTR」みたいな打ち込み入ったサイバーデカダンロックってな感じかとも思ったが、マリリンマンソンみたいでもある。
ドラムなしのヴォーカル、ベース、ギターの3人組+ドラムマシン(?)
ガラガラのステージ前にヴォーカルの人が降りてきて外国人が飲んでいたBeerを取り上げて飲もうとするも空だったらしく放り投げていた・・・。

c0017313_21185858.jpgサンホールの受付のトコで女傑Nちゃんと喋っているとDWARVESのブラッグらしき人がトイレに行くのが見えた。
身長高っ!
トイレから戻って来たブラッグに興奮気味に写メール一緒に撮ってくれるよう頼むw
撮影大会♪
ブラッグはインタビューなどで垣間見れるニヒルな感じのキャラではなく実際はめっちゃフレンドリーで良い方でした。


c0017313_2124373.jpgc0017313_21252945.jpg










四日市のガレージパンクヒーローGASOLINEのステージが始まったので観に行く。
いやー凄い凄い!久々に観ましたが濃くて面白い♪
とにかくガンさんの喋りに笑わされる。
ベーシストが以前の強面の人からスラッとした女性に替わっていた。
ライブ終盤、ガンさんがジェームス・ブラウンのパロディを始める。
倒れてもう無理だって仕草をするアレね。ガウンかけ役は何とDWARVESのブラッグ!
場内ブラッグコール&JBコールw
あーしばらくガレージパンクから離れていたんですが、これを機にまた聴き込もうかな。
素敵なライブでした。

そして、待ってましたのDWARVESのライブ!

c0017313_2274982.jpgc0017313_228541.jpgc0017313_229406.jpg







意外に「DWARVES ARE YOUNG AND GOOD LOOKING」からの選曲が多くて、最近その良さが分かってきた自分としては嬉しい限り♪
「Everybodies Girl」や「I Will Deny」などで運良くマイクが回ってきたので歌いまくったのであった。
「Anybody Out There?」や「Speed Demon」を生で聴けて感激!
ずっと隣にいた女傑Nちゃんは、最初こそブラッグのティムポをズボン越しに触るに止まっていたのだが、エキサイトし過ぎてドラム缶の上に立っている至近距離のHe Who~のティムポをシゴいているではないかっ!?
しかも徐々に大きくなるHe Who~のTim・・・w
「あ~あ~」と声を出しながらDWARVESメンバーのTimを狙う女傑Nちゃん・・・。
やり過ぎだよ!!!(大爆笑)
今回DWARVESを招聘した元CITY INDIANのフンニャラさんがオーナーを務める日本橋のTOY SHOP「ASTRO ZOMBIES」の紹介をした後に「ASTRO BABY」!
こりゃ燃えた♪
後半、「Blood Guts & Pussy」から「Back Seat Of My Car」,「Detention Girl」の連続技・・・!!
やっべ~涙出そうになったもん。
アンコール無しの約1時間のステージをたっぷりと拝みました。
終演後、物販で「DWARVES MUST DIE」のLPを1000円で買い(ってか安ッ!)、ステージ前でタムロっているメンバーにサインを貰いに行った。
He Who~は意外にも眼鏡を掛けた知的な感じのする大人しそうな人でした。
Fresh Prince of DarknessとHe Who Can Not Be Namedにサインを貰い、ブラッグを呼んでくれと頼むがブラッグなかなか出てこない。
諦めかけていた時にNちゃんが物販席にいるブラッグを発見 !
快くサインしてくれたブラッグ。
また日本に来てねーと約束してみるw
本当に再来日して欲しいわ。
女傑Nちゃんはやたらメンバーから顔を覚えられていて「Pretty,Cute,カワイイ~」などと褒めちぎられていたw
帰りにLPに書かれたサインを見るとFresh Prince of Darknessのサインは「ジンへ。Nちゃんに触るのをやめろ!」と書かれていた。
あのなー、触ってねーから!!
[PR]
by bastardbox | 2005-02-24 22:32 | ライブレポート

ヴィニールジャンキーってカッコいい響きじゃね?

 毎度お馴染みDISC J.J.梅田本店の特設コーナー“アナログの逆襲”にて

●BIG DRILL CAR 「ALBUM TYPE THING」 (200円)
ALLと同じCRUZからのリリースなのでそれを期待して購入!
モロALL直系の捻くれポップパンクで最高。調べてみるとその筋じゃ結構有名なバンドらしい。

●O.S.T. 「機動戦士ガンダム 哀・戦士」 (100円)
カラオケで必ず歌う「哀・戦士」収録。ファーストガンダム大好きなD君の誕生日プレゼントにしよう。帯付き美品でした。

●LEMONHEADS 「Favorite Spanish Dish」 (200円)
3曲入り12inch。B-2 「Paint」がなまらカッコいい♪

いやー今回もいい買い物ですよ。

CAREER SUICIDEのマーチンからインタヴューの回答が届く。
ありがとうマーチン!
近日UP予定です。
[PR]
by bastardbox | 2005-02-18 23:35 | アナログの逆襲!

いい買い物ですよ

毎度お馴染みDISC J.J.天神橋店にて。
アナログで買い直す価値は多分あったと思う。
そう思いたい。まぁKISSはお得でしょ!一枚200円と考えれば。

●BAD RELIGION 「NO CONTROL」 (500円)
-輸入盤 盤の状態キズなし良好-

●KISS 「THE ORIGINALS」 (600円)
-帯無し解説付き日本盤 ヒストリーブック付き ジャケットややダメージ有り-
1st~3rdまで3枚のアルバムとレアな写真満載のヒストリーブックが嬉しい一枚。
いや、そこまでレアな写真でもないよ!

●OZZY OSBOURNE 「月に吠える」 (500円)
-帯付き解説付き日本盤 盤質良好-
付録の7inchシングルとタトゥーシールも健在!
こりゃスゲエ!!!

c0017313_2251039.jpgc0017313_2251374.jpg
[PR]
by bastardbox | 2005-02-16 22:37 | アナログの逆襲!

R.E.M.来日公演のオープニングアクト

 R.E.M.にそこまで深い思い入れもないんですが、やっぱり「OUT OF TIME」までのアルバムは好きですね。
あと、曲単位だと初期の「Carnival Of Sorts (Boxcars)」て曲がすごく好きですハイ。
doa、R.E.M.のオープニング・アクトに抜擢
doaって何だ??R.E.M.のオープニングアクトを務める日本のバンドがどんな音出してるのか凄く気になった。
doa official HP←クリックするといきなり彼らの曲が流れます・・・。

おっおおっこれがR.E.M.のオープニングアクトを務めるバンドの音かー!!!

「ってか、B'zやん。もしくはタッキー&翼やん!」

人気のバンド物漫画「BECK」に、日本のビジュアル系みたいなバンドがアメリカのオルタナ系(?)バンドのオープニングアクトとして出演し、ギター燃やされるというシーンがあったんやが何故だか急にそれを思い出しました。
R.E.M.の初来日公演が大学の学園祭で、前座にレベッカと爆風スランプが出演していたという話を昔聞いた事があるんですが、ホンマやろか・・・?
[PR]
by bastardbox | 2005-02-11 04:13 | 多分、駄文雑文

D.O.A. / LIVE FREE OR DIE

c0017313_284019.jpg

ベテランカナディアンPUNK!
シットヘッド兄さんの心意気に最大級の賛辞を!!


先生:「カナダと言えば何でしょう?」
生徒A:「んーとね、カナディアンマン!」
生徒B:「ベン・ジョンソンとメープルシロップ!」
先生:「違うでしょー!!(怒) あんな微妙なルックスの何度死んでも復活するくせにクソの役に立たない似非正義超人やソウルオリンピックでドーピングばれて失格になった挙句、トリビアの泉に何度も出てくるオマヌケキャラなんか今はどうでもいいのよ!」
生徒A:(大泣き)
先生:「まぁ、メープルシロップは良しとするわよ。あれを体に塗りたくってネコちゃんに・・・。あら、イケないわ。イケてないわ、ワタシったら。とにかくカナダと言えば初期のSNFUとD.O.A.とTHE SUBHUMANSなの!いい?分かった?」
生徒A&生徒B:「はーーーい!!」

 
 やっとこさ購入!2004年に発売されていた9月にリリースされていたらしいカナダのPunk Legend、D.O.A.通算12枚目のスタジオアルバム。
そんなにアルバム出してたっけ??
「Fuck Up Baby」が「Fuck Up Bush」として再録されており、その他にも「Kill Ya Later」,「Marijuana Motherfucker 」,「Concrete Beach 」と、再録曲多かったりするけど、まぁとにかく素晴らしいアルバムなんですわ!
ってか「Fuck Up Baby」は3度目の再録か??それとも「Fucked Up Ronnie」の方が先か?まぁいいや・・・。
色々とやりたい事があるようでアルバム全体の統一感がないかなーとは思うんですが、どこを切り取ってみてもD.O.A.節全開に炸裂しております。
数年前の来日公演観に行けなかったので再来日希望しております。

Social Distortion,MDC,7Secondsとベテラン勢いまだ衰えずって感じですね。
MDCの新譜まだ買ってないんですが(苦笑)
[PR]
by bastardbox | 2005-02-11 02:40 | 誠に勝手ながら推薦盤!!!

鍾馗(SHOKI) / Metal Brutality Japan(CD)

c0017313_22312346.gif

ニュースクーラーからモダンヘヴィネスリスナーにまで対応する
凶悪エクストリームメタリックハードコア鍾馗1stミニアルバム


 グラインドコアとジャパニーズハードコアの間を縫う様な独特な激烈サウンドを放っていた神戸の冨嶽。
その冨嶽のヴォーカリストとベーシストを中心に結成されたバンドがこの鍾馗(しょうき)で御座います。
大日本帝国陸軍の特攻機、二式単座戦闘機の愛称から取られたと思われるバンド名。
名は体をあらわす!
鍾馗の音も手加減ナシに突っ込まれる激烈極まりないブルータリティー溢れるメタリックハードコアです。
殺伐とした緊張感溢れる音の根底にあるのは、Guerrilla.Incendiary.Sabotage.Mutineer.やGhoulなどの80年代のメタリックな日本のハードコアだと思います。
そこに、EARACHE系のエクストリームメタルやHatebreed,All Out WarなどのNew School Hard Coreの要素を加味したかのようなヘヴィーサウンド。
BerzerkerやSlipknot好きな人もイケる音やと思います。
(↑こんな風に書いたら被り物バンドみたいやなー、鍾馗は被り物バンドじゃないので悪しからず。)

普段この手の音をまったく聴かなくなってしまった僕ですが、鍾馗カッコ良かったです!ギタリストのアツシさんが作ったというノイズから始まる「Intro」,畳み掛けるような勢いの「Blind」,3曲目「Realize」では元SWARRRM、現GAMYのヴォーカリストHxTxDx氏がゲストヴォーカルで咆哮しております!コーラスワークがNYHCぽさもアリな「Rebirth」,そして“自己を慰する”という歌詞が頭から離れなくなるラスト「Deep Blue」
ミニアルバムですが物凄く聴き応えあります。
ここ最近ではBEIRUT 5AMOKMORGUE SIDE CINEMA,FLASH LIGHT EXPERIENCEの音源をリリースし、関西オルタナティヴシーン活性化を図ってきたCH recordsから久々にイカついリリースです!!!
[PR]
by bastardbox | 2005-02-08 00:04 | 誠に勝手ながら推薦盤!!!

2005/02/06 MURDER STYLE@京都・磔磔

出演バンド:DESTINY,MURDER STYLE
 
 自分にとって凄く思い入れが強く大好きな日本のバンドを挙げるとするなら
GRIFFIN,FIRST ALERT,MURDER STYLE,Nightmare,SOUL FLOWER UNION、以上5つのバンドは絶対に外せないのである。
全部関西のバンドになってしまうのは、ずっと大阪で生まれ育ってきたから。
そして、関西のバンドとシーンがホントに心底好きだから。
FIRST ALERTは2002年に解散してしまった。(現在はLIQUID SCREENで活動中)
そして、GRIFFINは2005年の4月をもって解散してしまう。
とても悲しい事だ・・・。

高校生の頃、ハードコアやパンクのライブにしょっちゅう足を運んでいた。
そんな時にMURDER STYLEに出会った。
出演バンドのほとんどがイカついハードコアのバンドの中、MURDER STYLEは純粋なロックンロールをやっていた。
僕は元々親父に聴かされたThe Beatlesから洋楽を聴くようになったんだが、何故か伊藤 政則のラジオを聴き始めHR/HMに傾倒していく・・・w
そして次第にHANOI ROCKSやCHEAP TRICKなどのメロディーの確りとしたロックンロールにハマっていった。僕が一番敬愛しているロックンローラー、JOHNNY THUNDERSとの出会いもここからの流れだったりする。
そんなワケで当時ハードコアに夢中だったがロックンロール大好き少年だった僕は、当然MURDER STYLEのファンになった。
当時のMURDER STYLEは僕の中で物凄く怖くイカついイメージがあり、特にヴォーカリストの美意子さんとギタリストの一成さんは憧れというか近付けない存在だった。
DOLLに一成さんの「勝手きままな私のベスト10」が載った時は、一成さんが挙げてたアルバムを必死に中古レコ屋で探し回ったw
99年頃、MURDER STYLEが東京に活動拠点を移してからは滅多にライブ観れなくなったので関西に来た時は欠かさず観に行ってた。
今回のライブは2003年6月20日の難波BEARSでの、どろろ企画“48Monsters VOL.02”以来実に2年振りの関西でのライブ。

c0017313_13544528.jpg久し振りの磔磔だ。やっぱり場所が分かりづらい。
でも、すごく素敵なハコだ♪
受付でメール予約の旨を話すと「1600円です」と言われる。
てっきりドリンク代抜きで1600円だと思っていたのでびっくりした。
安いわ~♪麒麟Beerの中瓶を頼み、手酌で飲みながら開演を待つ。
流れている音楽がThe Dogs D'amourの4枚目のアルバム「more unchartered heights of disgrace」である事に気付く。ドッグスの中で一番好きなアルバム。実は復活前のドッグスのアルバムの中でこのアルバムだけ持ってなかったんだけど、6年程前に有名HR/HM雑誌「BURRN!」の増刊号とも言うべき「METALLION」において当時は大好きだったBACKYARD BABIESのギタリストのドレゲン(The Hellacopters脱退直後かな?)が好きなアルバムベスト10みたいなんに入れてたという理由で即行中古レコ屋に買いに走ったんですわw


c0017313_14265920.jpgc0017313_14273247.jpgBeerをほとんど飲み終わった頃、DESTINYのライブが始まった。長身で長髪・細身のヴォーカリストは歌唱力があってグラムロックスターの雰囲気が漂っている。ベーシストはSMAPの香取 慎吾似で指弾きのグルーヴィーなベースプレイ。ドラマーはごっつい方で堅実なドラムでバンドを支えている。そして、ギターの男前名方は・・・どっかで見た事あるなー、ってか会った事あるような?そう!河原町の老舗のRock Bar “JAM HOUSE” の店員の清水さんにそっくりやー!て思うたら本人でした(笑)

DESTINYのライブが終わり、ステージ前に移動。今日の磔磔はテーブルと椅子が出ており、立って騒ぎにくい雰囲気。さらに、一人で来ていたので心細い(泣)
横でカメラのセッティングをしている方が話しかけてくれた。その方は東京でMURDER STYLEやSHEENA & THE ROKKETS(シナロケ!),はたまた内田 裕也さん主催のNEW YEAR ROCK FESTIVALなどのステージ写真を撮っている方でした。
色んな話を聞かせてもらいました。80年代のハードコアの話は特に興味深いものでした♪

c0017313_14551282.jpgそうこうしている内に、遂にMURDER STYLEのメンバーが次々と楽屋から階段を下りて登場!
ベーシストが「KING OF ROCK'N'ROLL!MURDER STYLE!」とシャウトし、ライブが始まった。
1曲目は「ROCK'N'ROLL GYPSY」!
周りのお客さん皆椅子に座ってたけど、俺はお構いなしに立ってノリノリになってました(苦笑)
ホント最高のロックンロールバンド♪

c0017313_14553161.jpg
DEAD BOYS,HANOI ROCKS,JOHNNY THUNDERS&THE HEARTBREAKERS,Patti Smith Group,MC5にTHE STOOGESなどから多大なる影響を受け、それを昇華させた独自のROCK'N'ROLLサウンドが心を奮わせる。次に、NEWマキシ「Tokyo Rose」からタイトル曲「Tokyo Rose」!!
ヴォーカル美意子さんの歌唱力はホント絶品♪
絶対的な個性。ハートに来るってこういう事やと思う。
c0017313_14555671.jpg
3曲目に名曲「夕焼けの丘」。
一成さんがMCで「次は俺が高校生の頃に作った曲で~」て言うてはったんやけど、どんな高校生やねん!て思う。渋すぎるって言うか天才やんか
ドラム以外のメンバー皆、ステージから客席のテーブルに飛び乗りハイテンションな演奏を繰り広げる。とにかくめちゃめちゃ動く動く・・・。

一成さんがチューニングしてはる時に「High tension Wire(DEAD BOYSの曲)やってー」とリクエストしてみる。「言われてやると思うなよー」と言いつつすぐさま華麗にイントロだけ弾きはる一成さん(笑)
亡くなった親友に捧げられたという新曲「We Go To Heaven」がヤバかった。この時はちゃんと椅子に座って聴き込んだ。
「此処より悪いトコなんてないさ、俺たちは天国に行くに決まってるさ」という歌詞が泣ける。
ラストは「It's A Living」
イギーのビートはボ・ディドリー,ハノイのハートはT.REX,スティヴはストリートで生きて死んだと歌われる痛快なロックンロールナンバー♪メンバーのボルテージはMAXに振り切れ、客席を縦横無尽に暴れまわる。シールド絡まる絡まるw
「ロックンロール」の叫び声でライブ終了。
「One More~♪」のリクエストコールに応え、再びメンバー登場。
しっとりとしたバラード「Missing」をプレイ。
椅子に座りながら聴き込んだ。ほんと良い曲だわー。
約1時間の最高のROCK'N'ROLL SHOWはこうして幕を閉じた。

-SET LIST-

1.Rock'n'Roll Gypsy
2.Tokyo Rose
3.夕焼けの丘
4.House of Ecstacy
5.The Place I Stand
6.現実
7.We Go To Heaven
8.Vanp
9.Be My Baby
10.Free Will
11.It's A Living
Encore.Missing


終演後、楽屋に挨拶に行くとブリーフ一丁で煙草吸いながら休憩してはる一成さんの姿が・・・。「めっちゃ寛いでますやん」と声を掛けると、「アホ!寛いでるんやなくて死んでるんや!」と返ってきた。「俺ももう歳や~ライブどやった?最高のロックンロールやったやろ?」と気さくに話してくれた。
大阪のライブハウス新神楽が発行しているCD付きのフリーペーパー CREATIVE Magazineのインタビューがえらい長かったとボヤいてはったw MURDER STYLEのインタビューは勿論、付録のCDに1曲収録されるとの事。皆様是非どうぞ!関西のレコード屋に置いてます。
楽屋でMURDER STYLEオリジナルメンバーが一同に介したり、何か凄かった。
一成さんに打ち上げに誘われRock Bar “JAM HOUSE”へ行く事に。
名古屋のLIPSTICK KILLERSの元ベーシストのGENさんが家族連れで来てはって、一成さんと共にGENさんの車に乗せてもらいJAM HOUSEへ。
打ち上げでロックの神秘に触れた気がしたw
GENさんの息子さんの名前がタイラ君だという事にびっくりした!
勿論The Dogs D'amourのヴォーカルである酔いどれ詩人タイラから取ったとの事。
色々なありがたい話を聞けて楽しかったが、一成さんはお疲れのご様子で「餃子食いたなってきたわ~王将行こや!」の一声で店を出た。
俺は終電が近いので挨拶をして別れた。
次の関西でのライブは3月27日の難波BEARS!
今からめっちゃ楽しみなのである。
[PR]
by bastardbox | 2005-02-06 23:59 | ライブレポート

7SECONDS / Take it back,Take it on,Take it over!(CD)

c0017313_2123519.jpg

ウォーウォーコーラス健在!ベテランUSHCバンド久々の会心作
 

 実はまだ買ってないんですけどね(苦笑)
日本盤が1月25日にbullionってレーベルから出ます。どうやらもうレコード屋によっては置いてるみたいです。
サンプル盤が以前レコード屋でかかっていたので一通り聴かせてもろたんですが、名盤「Walk Together, Rock Together」を彷彿とさせるショート,ファスト,メロディックチューン炸裂!でカッコ良すぎでした♪
2002年のDAG NASTY復活作「MINORITY OF ONE」と雰囲気の近い大人のメロディック!!!
ウォーウォー♪コーラスも健在で久々の快作ちゃいますかね~
bullionのHPで「Meant to be my own」て曲が試聴できます。(レッツクリック!)

ってか、ケヴィン・セカンズてソロアルバム出してたんですね~
全然知らなかったです。→Kevin Seconds/5'10' 「Rodney, Reggie, Emily」
試聴した限り、内容はオルタナポップみたいな感じですかね(適当!)

(以上、1月20日付け)

追記:先日ついに購入!
めっちゃカッコEっすわー!
やっぱり、2曲目「Meant to Be My Own」の疾走感が堪らないんですが、9曲目「Where Is the Danger?」のウォーウォーコーラスで燃えまくる♪
8曲目「Stand Here and Just Stare」なんか「The Crew」に収録されててもおかしくはない感じだし。
初期衝動って素敵やね~♪
[PR]
by bastardbox | 2005-02-05 19:25 | 誠に勝手ながら推薦盤!!!